ことばのおもしろさ研究所

語学好きな母ちゃんが、子どもの言葉の成長と外国語学習の奥深さ、心に響いた本なんかを記録しているブログ。

日本語を、あそぶ!

目次から、もう面白そう。 

kotoba (コトバ) 2012年 10月号 [雑誌]

kotoba (コトバ) 2012年 10月号 [雑誌]

  • 発売日: 2012/09/06
  • メディア: 雑誌
 

 [特集]

日本語を「あそぶ」

 

「あそび」のある言葉の大切さを知ること

谷川俊太郎

言葉がすっかりインフレーションを起こしてしまっていて、意味がどんどん希薄化している

言葉あそびのプロフェッショナル、谷川俊太郎さんのインタビューより。言葉で遊ぶことも大事だけど、それ以上に言葉にあそびをもたせることも忘れないでいたいね、と締めくくっていた。

 

潤滑油としての「あそび」がまったくない言葉は、意味は伝わっても、人の心にも腑にも落ちてこない。

 

kotokotoba.hateblo.jp

情報(ことば)が簡単に手に入れられる時代だからこそ、情報そのもの(知識)の価値が昔ほど高くない。正しいかどうか/何を言うか、よりも、その言葉にリアリティがあるのかどうか/誰が言っているのか、の重要度が増してきている。

 

「いい加減さ」が求められる時代

鈴木孝夫

唯一絶対の真理を追究する自然科学をするには、同じ一神教的構造を持つヨーロッパの言語が向いているし、日本語が「低く」見られていていたかもしれないけど、これからは「多様性の価値を認める」「精神的な豊かさ、幸せを求める」時代だから、ちょっと日本語も見直したらいいんじゃない?ってはなしが最後にあった。

 

鈴木先生は、日本語は論理的ではないという主張に真っ向から反対する。日本語には日本語の論理がある。

初めて読んだ本はこれだったかな?私も無意識に「英語=論理的」「日本語=あいまい」みたいなイメージを持っていたから、結構衝撃だった!

ことばと文化 (岩波新書)

ことばと文化 (岩波新書)

  • 作者:鈴木 孝夫
  • 発売日: 1973/05/21
  • メディア: 新書
 

 相撲レスラーを陸上競技の価値基準で棒高跳びの選手と比較するようなもんなのかもしれない。

 

日本語の「いい加減」とか「あいまいさ」といえばこの本。

 

日本語は曖昧か

外山滋比古

「 東大・京大で一番売れた本」って帯で人気になった(?)この本の著者の、エッセイっぽい文章。発売日1986年?!!そんな昔の本だったか!!オドロキ。

思考の整理学 (ちくま文庫)

思考の整理学 (ちくま文庫)

 

 

私が何回も読み返す外山先生の本は、これ。

ライフワークの思想 (ちくま文庫)

ライフワークの思想 (ちくま文庫)

 

 現代人って「ことば」に振り回されてるよねって視点を初めて知って「ほぉぉー!!」ってなった。「忘れる」とはどういうことか、とか。

 

自分の中に「日本語のプール」をつくる

斉藤孝

精神の強さは、自分の内側に蓄積されている言葉の量と質に深くかかわっている

 

はっきりとしたかたちを持たずに、揺れ動く「心」を支えて導いてくれるのは、くっきりとしたかたちをもった言葉。

 

かたちとしてのコトバと、その裏にあるかたちのない世界、ってのは私のずーーっと追いかけているテーマでもある。

kotokotoba.hateblo.jp

 

思考の糧にできる言葉をたくさん蓄えてあれば、自分の心の支柱をたくさん擁していることになる。

 

斎藤先生はNHKにほんごであそぼも監修している人だけど、「子ども向けにことばを選別する」ということはしないらしい。子どもは意味が分からなくても面白いと思えば耳で覚えるし、チャレンジしがいのある楽しい遊び道具を増やしていく感覚、とのこと。

 

「子ども」や「ことば」のプロフェッショナルに共通する「子どもに子供向けは必要ない」ということば。

kotokotoba.hateblo.jp

 

kotokotoba.hateblo.jp

 

  わかりやすく、かみ砕いて与えてあげたい、と親切心で思っちゃうんだけどね。そういえば、視覚教材やわかりやすいビデオコンテンツのeラーニングの普及が読解力を低下させているんじゃないか、って意見もあるらしい。

 

AIに負けない子どもを育てる

AIに負けない子どもを育てる

  • 作者:紀子, 新井
  • 発売日: 2019/09/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
AI vs. 教科書が読めない子どもたち

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

 

 

 いまは大量情報化の時代です。クラウド技術が発達し、情報は外に置いておいて、必要なときに引き出せばいいという考え方が浸透してきています。確かに情報整理にはそのほうが便利です。

 けれども、言葉を自分のものにしようと思うならば、情報扱いして外に置いていてはダメです。やはり自分の“裡(うち)”に入れること。自分の中にあるからこそ、自分とその言葉が一体化して、自分が豊かになる。自分の中にあるからこそ、遊び道具になり、心の支えにもなるのです。

 

 自分の中にとって置くことばってのは、「記号」以上のもの。

kotokotoba.hateblo.jp

 

他にも、コメント力とかほめ上手のポイントも書かれているんだけど、やっぱり言葉の使い方が人間関係を良好に結べるかどうかのカギになってくるんだな。

 

「この人のこの言葉は絶対に消去できない」と相手に思わせること

 

統計の世界でも、「人間の幸福度はその人の人間関係で決まる」と言われるくらいだもん。

 

ことばの触感を楽しむ

黒川伊保子

言葉の身体性(語感)に注目したはなし。あれ、聞いたことあるな・・・と思ったら、3年前のブログにあった!

 

sonogono.jugem.jp

 

「言霊」ってのは「語感」にフォーカスした人間的反応のことなのかも。

 

発音とイメージは別物じゃないよ!!ってのは、外国語にも言えるわけで。耳からゴガクするってのは、イメージの定着にもGOODってわけだ。

 

最近、私は乳首をコレクションしている。

 

私的には「乳首」のはなしが最高に面白かった。それとは書いてないけど、ミラーニューロンの働きにも関係することが書いてあった。

 

赤ちゃんは、話しかけられると、その表情筋をそのまま脳裏に映しとる。授乳中話しかけられたことばの触感を、そのまま舌でなぞらえている

 

顔を見せて、自分の声帯で、話しかけるってのは、人間がことばを習得するためにこの上なくダイジなのだ。母語の基礎がここでできるんだから。

 

kotokotoba.hateblo.jp

 

マスクをしてたら、口元見えないんだよなー。。。

 

人生を遊べるのは、言葉を遊べる人

武田双雲

ずっと悩んでいる人、生き方に詰まっている人に共通して感じるのは、人生に詰まっているのではなくて、「言葉に詰まっている」ということ。思い込みがはげしすぎて言葉に対する柔らかさがなくなっています。

 

ああ、そうか!私はカードや記号で「言語化」をすることで問題解決をするゲームをやってるんだけど、それってこういうことなんだよね。

 

 

kotoba(コトバ) 2019年 春号 [雑誌]

kotoba(コトバ) 2019年 春号 [雑誌]

  • 発売日: 2019/03/06
  • メディア: 雑誌
 

 これもおもしろかった!

3000万語の格差

今週読んだオモシロイ本!!

 

3000万語の格差 : 赤ちゃんの脳をつくる、親と保育者の話しかけ

3000万語の格差 : 赤ちゃんの脳をつくる、親と保育者の話しかけ

 

 

著者は小児人工内耳外科医で、翻訳者は保育界に通じている心理学・行動変容学の博士。『遊びが学びに欠かせないわけ』もそうだったけど、訳者&解説者のあとがきまで濃!密!でおもしろい。

 

 

きっかけは耳の聞こえない子が手術して聞こえるようになったのに、その後「ことばがわかる/話せる」ようになる子と、そうでない子がいることに疑問を思ったから・・・というストーリーから始まって、「親のことば」(特に3歳までの言語環境!!!)がどれほど子どもの未来に影響力を与えるのか、ってはなし。

 

親のことばは、「頭の良さ」「性格の良さ」「人生の幸福度」すべてに関わる大切な大切な要素。栄養バランスは大切ですよ、ってことが常識になったように「親のことば」も大切ですよ、と誰もが思える(そして具体的方法を学べる)社会にしたい。そんな取り組みについても書かれてます。

 

ほほう、と思ったのは、語彙の格差を埋めるための学習プログラムが「語彙の数を増やすだけではダメ」で、失敗してしまったこと。タイトルにある「3000万語の格差」というのは、家庭で交わされる「ことば」の格差について言ってるんだけど、この数は3000万種類の語彙じゃなくて、繰り返し繰り返し使われる言葉も含めた語彙のこと。

 

それから、意味のない会話(雑談)が脳の発達に重要だったってこと。

 

保育者・教育者が心がけておきたいシンプルかつ大切な3つのT;

Tune In(子どもの視点に寄り添って)

Talk More(たくさん)

Take Turns(やりとりを交わす)

 

注意すべきは、子どもが何かで遊んでいるときや集中している時にぴーちくぱーちく口を挟むんじゃないよ、ってこと。

 

kotokotoba.hateblo.jp

 

「3つのT」の場面別、具体的な実践例がたくさん紹介されてて、これって大人同士にも使える(というか人間関係でめっちゃダイジなのにできてない人が多い)ポイントじゃん・・・って思ったり。

 

CAPTIVATE 最強の人間関係術

CAPTIVATE 最強の人間関係術

 

 

伸び率を左右するマインドセットのこと、成長を阻害するほめ言葉のこと、こういう研究はparentingや心理学のブログで結構頻繁に取り上げられているんだけど、日本語の情報が少ないからか、一般的にはまだあんまりなじみがない気がする。

 

 研究データや統計との付き合い方も。

kotokotoba.hateblo.jp

 

「いいこだね!」「頭イイね~」「きっとできるよ!」の誉め言葉のシャワー×固定的マインドセットのせいで、「よく見せる」ことに努力してしまう(失敗を避ける、隠す)なんてパターンもある。

 


「偉い!」「いい子!」よりも遥かに効く【子どもの褒め方】

 

子育てはこれがいい!あれがわるい!やっぱりこうがいい!じゃあどうすればいいの!ってなっちゃうのなら、「あいまいさを受け入れる」ことからはじめよう。

 

 

教育熱心な母親でよく聞くパターンが、夫婦の温度差。私は英語育児に関するブログをよく読んでたから、結構多いのかな?と思ったんだけど、どうなんだろう。

 

夫婦間のコミュニケーションの在り方が子どもの語彙力(知性)、将来の人間関係に影響大ですよ、とちょっとドキッとするはなしも。

 

この本は母語のはなしだから、幼児期の外国語についてはほとんど触れられていないんだけど、2歳まではスキルに関係なく(めっちゃ流暢に話せる外国語でも)母語を優先したほうがイイよってことは書いてあった。

 

そこには母語には「心」がのるから。

kotokotoba.hateblo.jp

 

言葉から「心」を推し量る経験の大切さは、これからもっと注目されると思う。それはAIにはできないニンゲンの能力だから。

 

感動は伝染する。そして感動は人を動かす。

(正論や理屈じゃ人は動かない)

 

kotokotoba.hateblo.jp

 

うすっぺらいことばを量産できても、「すごい!!」とは思えないもんね。テレビの言葉をぺらぺらと喋れても、コミュニケーションとしての言葉が使えない子、とかね。。

 

子どものマインドセットを「成長型」に促すには、親や社会も成長型のマインドセットを意識しておかないといけない。固定型マインドセットの親は子供に「失敗させないように」働きかける

 

kotokotoba.hateblo.jp

 

 

こういう分野を深堀りしていくと・・・

「一斉保育」や「公教育」の期待している方向性との逆効果っぷりにガックリしちゃうことも多いけど(笑)おもしろいね!

 

子育て支援のくだりも、ウンウンウン!!!とうなずきながら読んだ。だんだんと「親子を集めて楽しませるイベント」になっちゃうんだよなぁ。そんでもってくる人もそれを期待してる「お客さん」になってしまう。なんのつながりも、学びも、生まれない。

 

 

アートについて書かれてたことばを引用。

 

創造性を表現する自由を与えられると、子どもの脳の中ではたくさんの、たくさんのことが起こります。でも、一番は自分で考える、という点でしょう。

算数も読字・読解も、すでにできあがっているルールを学ぶことです。ところが、芸術は子どもが世界のありようを理解するのを助け、この世界の中にいる自分と言う感覚をつくりあげていきます

これが何年も後になって、その時の世界の前向きで革新的な変化につながるかもしれません。

 「芸術」の部分、「遊び」に置き換えられるなぁ!!

「耳の黄金期」・・・の勘違い?

「ぐうされる、ってどういう意味?」

と4歳の息子イチ君に聞かれてたじろいだ。「〇〇ってなに?」系の質問に答えるのは得意だったから、初黒星。

 

どこで聞いたのかと思ったら、これ。

www.historylink.org

英日吹込みのスピーチをCDで聞いてたんだけど、どう考えても4歳児向けではないこのスピーチ。私が好きだから聞いてたんだけど、勝手に聞いて覚えていた子ども吸収力のオソロシサ。。。。

 

それでいて、覚えさせよう、聴かせようとするものには食いつかない不思議な生き物。

 

他の絵本に比べると文章量も語彙の難しさも比べ物にならない内容だから、完全な耳コピはしていない。印象に残るフレーズをいくつか真似する程度なんだけど。

 

 

kotokotoba.hateblo.jp

 3歳以前と3歳以後で、明らかな「取り込み方」の違いを感じる。昨日スピーチを聞きながらイチ君のリアクションを見ていて、またまた発見したことについて、書き残しておきたい。

 

このCD、ひとまとまりの英語のあと、直訳ではない日本語が吹き込まれている。イチ君が耳コピ(そっくりそのまま真似して発話)するのは、たいていは日本語パートが先。

 

これがちょっと不思議だったんだよねー。

幼児期は耳が柔軟。聞いたままをマネできる。

これはもう「常識」レベルで共有されている子供の言語教育の一側面。でも、単純に聞いた音をすぐに再構築できるなら、なんで日本語と英語でタイムラグがあるのか???

 

「母国語と外国語じゃ聞いている量が違うからでしょ」と言われるかもしれないけど、このスピーチでも絵本でも、どう考えても日常生活で聞いたことのない(初耳の)日本語の言い回しや語彙でも、日本語は聞いてから発話までのスピードが圧倒的に早い。

 

「大地は、われわれの母だ」とか「おきにめしますれば、さいわい、さいわい」とか聞いたこともなければ意味もわかってないだろう日本語でも。

 

 

昨日、イチ君がこのスピーチをオーバーラップ(ほぼ同時か、先んじて暗唱)しているところを観察して発見したのは

 

  • 曖昧な部分はハミングでシャドーしている
  • 語尾から順番に仕上げている

ってこと。ハミングでシャドーってのは、口をもごもごさせるか、舌と唇をあまり動かさずに音のアップダウン(音程)だけ追いかけている様子のこと。鼻歌みたいに。

 

で、何回も聞いて覚えてきたら、ごにょごにょ部分が減ってコトバっぽい音が増えてくる。

 

 

つまり!!!

聞いた言葉「What's Seattle said」をそのままそっくり「わっ すぃあーろぅ せっど」とコピーしているわけじゃなく、リズムとイントネーションがまずあって、その音のパターンに合わせて意味と音の切れ目を予測して、そこに具体的な音(WとかSとか)を当てはめていってるんじゃないか。

 

 日本語の「間」とイントネーションは3歳以降だいたい仕上がってきたからすぐ耳コピしているように見えるけど、英語はまだイントネーションのルールが不安定。

 

英語そのものには、0歳の時からかなり身近に聞いていたイチ君だけど、子ども向けの短い文章、単語レベル、話しかけるにしても一言二言の細かいカタマリだったから、大きなコトバのうねりみたいなリズムがベースとしてストックされていない

 

だからまずはリズムのベースを作る方向に神経が集中している。

次に音に切れ目、細かい音の違いを見つける。

で、口の筋肉を動かして実際に音に出してみる。

 

この全体のリズム感を掴むことに集中的に神経を繋ごうとする「聴力」が「耳の黄金期」ってことなんじゃないか、と。「耳の黄金期」と言えば、「LとRの聞き分け」が注目されているわけだけど、それって二次的なものなのかもしれない。優先すべきは、そこじゃない。

 

耳の黄金期、字面を追いかける口真似に終始させるのはモッタイナイ、かもね!!!

 

 

言葉の起源が「歌」だった、って説に説得力を感じる発見だった。

 

もうひとつ、「語尾から仕上げていく」って部分はどういう仕組みでそうなっているのか、まだピンときていないけど・・・言いだし部分じゃなくて、いい終わり部分を先に「言える」ようになっているのは、なにか意味のある事のような気がする。

 

これは日本語部分だけの特徴だったかも?英語はどうだったかなぁ。

 

 

「子ども向け」は子どもをバカにしている、というようなことを子どもに関するいろんな分野のプロフェッショナルが口をそろえて言っている。

子どもの本のもつ力:世界と出会える60冊

子どもの本のもつ力:世界と出会える60冊

  • 作者:清水 真砂子
  • 発売日: 2019/06/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

絵本の巨匠、モーリスセンダックも「私は子供向けの物語を描いているつもりはない」って言ってたっけ。

 

かいじゅうたちのいるところ

かいじゅうたちのいるところ

 

 

 

そういえば、 世界のエリートは子どもが「本物」に触れる機会を大切にするらしい。コトバも、言葉を含めた教育も、そうなのかもしれない。

 

www.shiratamaotama.com

 

そんなことを言うと、そうかそれならば、と

その時その子のその状況に見合わない「無理に背伸びをして、大人の真似をさせる」ってことに陥りそうで、バランスが難しそうなんだけど。

 

 

kotokotoba.hateblo.jp

 

 

 子どもの教育に関して、親の影響は大!なんだけど、あれしてあげなきゃこれしてあげなきゃ、と「投資」するのは傲慢な態度なのかも。

親ができるのは「ほんの少しばかり」のこと

親ができるのは「ほんの少しばかり」のこと

  • 作者:山田 太一
  • 発売日: 2008/04/24
  • メディア: 新書
 

 

教育は「贈与」、信じて与えるもの。 

 

大人は「対話」する態度が求められる。

自信をもてる子が育つ こども哲学 - “考える力"を自然に引き出す -

自信をもてる子が育つ こども哲学 - “考える力"を自然に引き出す -

  • 作者:川辺 洋平
  • 発売日: 2018/07/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

4歳イチ君、私との距離が順調に広がっていくにつれて、英語からも少し離れてきました。日本語の爆発的進歩もあり。私はそれでイイと思っているので、なにかしら「取り組み」をする予定はなし。

例のCDと絵本が我が家にあるもんで、コトバ(日本語&英語)の面白さに家族みんなで触れられる機会があるのはありがたいなぁと思う。

 

 

kotokotoba.hateblo.jp