趣味は語学です

語学好きによる語学好きのためのブログ。下手の横好き、でもいいじゃない。最近は育児(+英語)のネタが多め。

【育児と英語】最近お気に入りの英語絵本

英語絵本セットSWRから、最近お気に入りの数冊をご紹介。それから英語らしい音がオモシロイ、ちょっとヘンテコ?な絵本と、おやすみ前の絵本として人気のあの絵本も。

 

絵本でごっこ遊びを楽しもう

 英語絵本セット(Sight Word Readers)を購入してから、手軽に気軽に英語のお話を楽しめるようになりました!25冊全部ばらばらっと100均のトレイに入れておもちゃ箱の上に置いてあるから、自分で引っ張り出して(ひっくり返して)読んでほしい本を探し出して持ってきてくれるよ。

最近のお気に入りは「This Is a Peach」と「My Bear」の2冊。

 

 

This Is a Peach

This Is a Peachは男の子がこれは◯◯です、と紹介していくペンパイナポー的な内容。「This is a peach」→「This is a pie」といった感じでそれぞれがビフォア・アフターになっているんだけど、イチ君はもうちょっとお兄ちゃんになってから気付いてくれるかな?

彼はpieのページを執拗に読ませてくる。そして「ぱーい!うぇへへ」とニヤニヤしながらおかーさんのπをつつくというセクハラオヤジな遊びにハマっている。

最後のオチも好きなようで、しっかり最後まで読んで(聞いてて)くれる。最後にdragonが出てくるんだけど、そこで「Go away!!」と言って追っ払った後に「ちゅ」とキスをするツンデレなやりとりが毎度お馴染みの遊びなのです。

そして「No! This is me!」とお兄ちゃんが出てくるオチに安心してニッコリ。

 

これが大好きなカイちゃんの絵本のオチとリンクするようで、カイちゃんも続けて読んだりします。

 

カイちゃんのこわいこわい (カイちゃんえほん)

カイちゃんのこわいこわい (カイちゃんえほん)

 

 それから、お面ブックでライオンやゾウに変身して…No! This is me!のやりとりをしたり。

 

おめん (ポプラ社のなりきりえほん (4))

おめん (ポプラ社のなりきりえほん (4))

 

 My Bear

カワイイが大好きなイチ君、テディベアと男の子のこの絵本も大好き。

まずは表紙のギューを真似。「My bear can 〜」と男の子がクマさんのお世話をしたり一緒に遊んだりする内容で、イチ君のおままごととピッタリ!

イチ君の親友、うさぎのバニさんや犬さんと遊んでる時にこの絵本のフレーズを言ってみたり。「My bunny can sleep」と言うと「ねんね〜」と返してくれるから、意味も伝わっている様子。

 

 

kotokotoba.hateblo.jp

 

 

kotokotoba.hateblo.jp

 

 英語特有の「音」がオモシロイ絵本

英語圏の子供達にはお馴染みのドクタースースの絵本。

 

Hop on Pop (Bright & Early Board Books(TM))

Hop on Pop (Bright & Early Board Books(TM))

 

 これがイチ君大ウケだった。

宅急便の箱=自分のオモチャが入っていると勘違いしているイチ君はアマゾンで届いた絵本を当然のように母の手から奪い取り、最初のページを大袈裟に読んでやると非常に大ウケ、しばらく「あっぷ!ぱっぷ!ぽっ!ぱっぷ!」と真似しながら持ち歩いてました。

 

この絵本もまたネイティヴの子どもが「自分で読めるようになる」ための絵本で、ストーリーは、ない!でもこのナンセンスさがまたオモシロイ。

 

イチ君は「読む」ことを目的にしていないんだけど、英語独特の音のカタマリ方とその面白さを味わうためにとても良質な絵本だなー、と!

 


Hop on Pop by Dr. Seuss

YouTubeに朗読ビデオもあるよ。

 

 

この絵本を知ったのは、English Anyoneという英語学習者のためのYouTubeチャンネルで投稿されていたこの動画。

 


How I Teach My Daughter English - Teaching Reading, Spelling And Phonics

日本で暮らす彼がどうやって娘ちゃんに英語を教えているか、って話。フォニックスを使って「読み」を教えてるんだけど、そこで登場した絵本。

赤ちゃん(イチ君だけかな?)は「あっぷ!」とか「ばっぷ!」とかP音が好き(得意)だから、読みを教える歳じゃなくても楽しめるかなって思って購入。結果、楽しんでます。

角が丸くて丈夫なボードブックってのもかなりgoodです。

 

ベッドタイムストーリーの定番絵本

 

Goodnight Moon

Goodnight Moon

 

 なんて穏やかで、美しい絵本…

とおかーさんがウットリと読んでいる絵本。日本語の絵本も大好きなんだけど、英語の絵本のこの「向こうの世界」感がなんとも言えず好き。

なんか、やっぱり違うんだよな〜。どっちが良いとか好きとかではなく。

 

イチ君はちなみに表紙以外には興味なし。でもこのフレーズは気に入ったらしく、毎晩お空を見ては「ぐんない、むーん!」と手を振ってます。

その後ろ姿を見て鼻血が出そうになるおかーさん。なにそれ、可愛すぎるんですけど。(親バカ)

 

お休み前の絵本、は理想の生活習慣なんだけどうちは全然ダメです。おやすみ絵本いいのあるのに。。

 

おやすみ、ぼく

おやすみ、ぼく

 

 なぜか涙腺が緩むおやすみ絵本。おさるさんがイチ君にしか見えない。いつかこれをお布団に並んで読みながら眠りにつく…そんな夜が来ますように。うっとり。