趣味は語学です

語学好きによる語学好きのためのブログ。下手の横好き、でもいいじゃない。最近は育児(+英語)のネタが多め。

子ども(乳幼児期)の英語教育①

子どもの教育は母親の大きな関心ごと。特に英語流行りと煽りもあって習い事や教材が戸惑うほど豊富にある今日この頃。

 

私自身語学が好きってこともあって、乳幼児期の英語教育についてかなり関心がある。「まだ日本語も話せないうちから外国語ってどうなの?」「いやいや早くしないともったいないよ」なんてcontroversialなテーマなんだけど、よくある疑問や悩みにフォーカスして、私なりの方針、考え方をまとめてみたい。

 

共感もあれば反感もあるだろうけど、おんなじようにこのテーマに関心がある人が「こんな考え方/やり方もあるのね〜ふむふむ」くらいに読んでくれたらな、と。

 

そもそもベビィに英語は必要か

我が家の場合…親戚一同ニッポン人、英語喋る人皆無。つまり現時点(近い将来含む)での必要性は特にNOTHING。

 じゃあなんで小さいうちから英語を意識するのか、それは…バイリンガルにしたいから!!!ではなく、「楽しい言葉遊び」のひとつ、くらいの感覚で取り組んでる。とりあえず学齢期まではこのユルさのままでいるつもり。

 

日本語が確立する前に英語を取り入れて大丈夫なのか

よくある疑問その1。

これは親がどの程度英語を生活に取り込むかによる。例えば日本語ネイティヴの母親が英語だけで話しかける、とか凄まじい量のインプットを促す、とかそういう場合は日本語能力(と情緒の発達)に大いに影響アリだろうけど…。

英語に限らず、小さいうちに知識(語彙数や読み書き)の詰め込み、目に見える結果(反応や発音)を求めてしまうことは、発達を歪めてしまう可能性があるから気をつけたい。

 

英語がプラスαとして生活に取り込まれていることについては、私は日本語能力に悪い影響は無い!と思ってる。

 

 

小さいうちに始めないと英語が聞き取れなくなる?発音が悪くなる?

臨界期」という言葉が子ども用英語教材のセールストークに必ず出てくる。私はこういう危機感を煽って物を売りつけるやり方が気に食わん!

ネガティヴな動機で始める学びは面白く無いし、押し付けがましく思える。「将来苦労しないように…」ってのは、自分の子どもが苦労を乗り越えられる力がない、身につけられないっていう無意識化のメッセージ。それこそ親が取り組むべきは英語以前の問題だと思う。

 

 で、「臨界期」に戻る。

第二言語の習得(のためのセールストーク)で使われるこの言葉の意味は、この時期を過ぎたら能力の獲得が難しくなりますよ、っていう時期のこと。

 https://ja.m.wikipedia.org/wiki/臨界期仮説

 

私は、第二言語の習得に関してこの臨界期について特に重要視していない。

臨界期と聞いて不安になった人は超高額教材を買うか否か悩む前に一呼吸置いて考えてみてほしい。(教材を買うこと自体はひとつの選択肢だから、悪いとは思ってないよ)

 

この臨界期ってのは「ネイティブスピーカー並みの言語能力を自然に学習できる一定の年齢」ってこと!

 

頭の方で書いたけど、私は英語を日本語と並ぶ母語レベルの能力(つまりバイリンガル)にしようなんて思っちゃいない。ネイティブレベルになる必要を感じない。母国語としてじゃなく、外国語としてでも通用するならいいんじゃないかな。

(日本人の英語下手は、完璧主義なストイックさとネイティブ信仰に原因があると思うんだけどこれについてはまた別の機会に・・・)

 

それから「自然に学習できる時期」が過ぎたら、その年齢に合わせた学習方法を取ればいいだけで、国語学習と年齢は関係ないと思ってる。

 

臨界期と合わせてよく登場するのが周波数の違い。 英語と日本語は周波数が違いますよ、だから聞き取れません。聞き取れる周波数が限定される臨界期までに外国語を教えましょう、という内容。

 

「大人になったら全く聞き取れない」なんてことはないと思うんだけど、聞き慣れてない音はちゃんと意識しないと聞き取れない、ってのは当たり前っちゃ当たり前よね。日本語でもそうだし。

大人になったらなったで、慣れと訓練(多聴、シャドーイングなどなど)である程度のレベルにはなれると思うし、これも私は深刻には考えてない。

ただ、私は息子に英語を「特別なものやスキル、勉強しなきゃいけない学問教科」だと思って欲しくないから、小さいうちから身近に感じられるように「ことばのひとつ」として何かしら触れさせている。

 

次は発音。「聞き取れていない音は発音できない」ってのは…ある!でも発音が日本人訛りだったとしても恥じることは全くない、って思ってる。

外国語を話すときに誤解なく伝わる発音は大事だけど、そんなにこだわってないな。特に乳幼児期の英語教育は。

 

 臨界期に興味ある人はこちらのビデオをどうぞ!

 

私的にこのビデオのポイントは

赤ちゃんのこの能力はCD(音声教材の掛け流し)やDVD(映像教材のレッスン)だと全く発揮されない

ってこと!!

 

 

じゃあ具体的に何をしているのか、これからどんな風に英語に触れていきたいのか…

それから息子の反応も。

長くなっちゃったから次の記事で書こう_(┐「ε:)_