ことばのおもしろさ研究所

語学好きな母ちゃんが、子どもの言葉の成長と外国語学習の奥深さ、心に響いた本なんかを記録しているブログ。

台湾語Songに胸アツ

ポッドキャスト配信がきっかけでSpotifyのアプリも持ってるんだけど、ふと台湾語聞きたいなー・・・と思って探してみると、あったあった!!

 

台語songsは歌謡曲ぽいのが多いんだけど、若い(?)曲調もあるんだよ!ポップとかラップとかね、ジャンルはよくわかんないけど。プレイリストで聞いてて気に入ったのがコレ!!!


台語新浪潮2『公堂亂 』【官方MV / Official Video】

台湾語は台湾のローカル言語。表記方法はまだ統一されてないのが学習者にとってチト面倒なところ。歌の歌詞とかは当て字が多いのかな?中国語なら漢字で意味がなんとなくとれるけど、台湾語の当て字になると「ん???」ってのが多い。

 

台語新浪潮2『公堂亂 』 : ohtaigi

歌詞を調べて見たら、こんなおもしろいサイト見つけてしまった。

やばい、台湾語またハマるかも。

 

でもね、今月ひとりで自由に使える時間が19日の8:30~14:30しか残っていない!!!あとは仕事の合間の隙間時間か、息子が寝た後に自分の体力が残っているかどうか、にかかっている。。。

 

あ~。言語交換が懐かしい。台湾の友達が懐かしい。。。

過去を懐かしんでも、しょーがないよなー。

 

 

語学のハナシじゃないけど、昨日は自分のスーパー苦手分野について学ぶ機会があり。自分の低レベルさ(わかっちゃいるけど)を突き付けられると、やっぱへこむよね~。語学だって占星術だって、好きではあるけどやっぱりスキル面で見ちゃうと「上には上がいる」ことにひるんでしまう。勝手に恥ずかしくなっちゃって、黙っちゃう。

 

あ~コンフォートゾーンにぬくぬく収まっていたい。ニンゲンだもの。

kotokotoba.hateblo.jp

 好きなことならなおさら、「きつい」ゾーンに敢えて行くハードルは高い。

 

さて!今日は幼稚園PTAに行かねば!時間だ!

 

人間の器の大きさ、それに尽きる

人と人とのやり取りの中で「ギブアンドテイク」という言葉があるよう、Giver(与える側の人)とTaker(もらう側の人)という立場があります。なんとなく、Giverは損でTakerは得してる、みたいなイメージないですか?

 

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本)

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本)

 

ビジネス書籍になるのかな?長期的な目で見ると、成功者に多いのはGiverだった!というハナシ。 ここで出てくるGiverは「人に惜しみなく与える人」で、Takerは「真っ先に自分の利益を優先する人」、それからMatcher「損得のバランスを考える人」というタイプも出てきます。

 

ただし!!!

Giverのなかでも「自己犠牲のGiver」はTakerに搾取されてしまうだけ。これは自分にとって良くないだけじゃなくても、相手にとっても、相手と自分を含めた全体にとってもヨクナイこと。

 

自己犠牲や我慢を美徳とする文化に長らく親しんできた我々日本人としては、この感覚を抜け出せない限り、ギブアンドテイクから一歩先に成長した社会、ギブアンドギブが生む豊かな世界にはたどり着けないんだろうな。。。

 

未熟なGiverに甘んじるなかれ

じゃあGiverが提供するのはなんなのか?

私がちょっとガマンすれば丸く収まるんだから・・・と変な「イイことしてる感」を味わってしまう(そのくせ相手を見下して不満を隠したり)、あるあるじゃないですか?子育て中のお母さん、この感覚持つ人多いんじゃないかなー。

 

私は結婚したときから、この未熟で幼稚なGiverが抱く「イイ奥さん」像をそれなりに頑張って演じてきました。が、子どもが出来てボロが出てきた(笑)

 

私、こんなに器小さいニンゲンだったか、って(笑)

 

成熟したGiverは、身を削る施しはしないんです。

かといってMatcherのように損得を計算したうえで行動するわけじゃない。じゃあどういうことかっていうと、自分を含めた全体の関係性にとって「ヨシ」と思えるからGiveするんです。

 

それは目の前の関係性という物理的な距離感、もっと先の未来をイメージする時間的な距離感をズームアウトして見れる視点ですよね。ズームアウトした視野に切り替える=次元を上昇する。

 

ひとつ先の次元に上昇するには?

これ、この本の中で「仁=human2.0」と表現されていた人物像に重なります。

すごい論語

すごい論語

  • 作者:安田登
  • 出版社/メーカー: ミシマ社
  • 発売日: 2019/05/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

仁=human2.0個人の一生レベルではなく、人類史レベルでの行動ができる人間。人類史レベルまで上昇できなくても・・・自分だけの視点じゃなく、せめて自分のコミュニティ全体を俯瞰できるレベルの視点なら、今の時代の人間なら持てる!!と思うのですが、楽観的でしょうか。

 

私だったら、自分が一方的に持つ思いだけじゃなく、息子と自分、がんばってひろげて家族3人全体の思いを総合して捉えるレベルまで・・・上昇したい。

 

これって、人間の器(許容量)のハナシですよね。私は今の段階じゃ器が小さすぎて、理屈じゃわかっていても、なかなか上昇した次元で物事を捉えるのが難しい。というか、自分の器以上のことはできないから、まだ全然できていないです。

 

じゃあ器をひろげるにはどうしたらいいのか。

自分の次元を上昇させる方法は?何がきっかけでズームアウトの視野が持てるようになるのか。ピント調整機能を身につけることが出来るのか。

 

実際に次元が高い人のグループに身を置く

朱に交われば赤くなる。人間性を変えたいのなら、環境の影響力を活かさない手はない。というか、環境を変えなければ人間は物理的にも精神的にも元の状況に戻る性質(=恒常性、ホメオタシス)を持つのですぐにリバウンドしちゃいます。

 

成熟したGiverのおそばで、彼らの言動を観察しつつ自分も彼らの一員として振舞うのがいちばん手っ取り早く、安全で、ストレスの少ない(むしろ楽しい)方法かな。

 

この変身テクニックはビジネス、自己啓発、心理学でもよく取り入れられている概念コンフォートゾーンというものを取り入れてます。

 

無意識の安全地帯コンフォートゾーン

コンフォートゾーンってのは、「当たり前」とか「前提」とか「普段のスタイル」「日常のパターン」のことです。そこからはみ出ることは、本能的にイヤなのです。離れれば離れるほど、ストレス・緊張・不安・プレッシャーになる。だから戻ろうとする。

 

ただし、コンフォートゾーンを抜けた先に「気付き」があり、コンフォートゾーンの範囲が広がったり位置がずれたりするきっかけがあります。その変容のプロセスを「学習」といいます。学びとは、変化する過程そのものです。

 

 コンフォートゾーンと学習の関係については過去記事でも書きました。

kotokotoba.hateblo.jp

 

変化の過程=学び が連なって「成長」できる。

kotokotoba.hateblo.jp

 

なので、なりたいイメージがあるのなら、コンフォートゾーンをそっち側の人間が持つ範囲に設定しなおす工夫が必要です。

 

私はひとりで黙々と鍛錬したい派(?)なので人付き合いは下手なんですが、人間関係はダイジです。どんな人と付き合うか=自分をどんな人間に設定しているか、なので付き合う人の影響は低く見積もらないように、注意です。

 

Be the change that you wish to see  the world

ガンジーの名言。望む世界への変化に、あなたがなりなさい。

 

そのWorldのイメージを描くワークとして、「脳内見える化ひとり会議」おすすめです。これ自体が楽しいです。(あれしたいこれしたいって考えてる間がいちばん楽しい・・・)

kotokotoba.hateblo.jp

 

もうちっと遊び心がある人は、これもオススメ。私の趣味だけど。

starship.hateblo.jp

 

仁=human2.0 かーちゃんを目指す

環境に身を置く以外に、具体的にできるアクションを考えてみました。

kotokotoba.hateblo.jp

 

こういったツールを使って・・・

大きな目標は「仁(human2.0)かーちゃんになる」なんだけど、具体的に言うと「長い目で見て親子の+になる関わり方が出来る母親になる」かな。補足するなら「子どもの一挙一動に振り回されずに一貫した態度と行動を取れる」!!

 

困りごと、自分のふるまいに関して直したい部分をピックアップ。

・子どもがイライラすると自分も一緒になってイラついてしまう

・子どもの嫌がることを言って脅したり、怒ったりして誘導してしまう

・一緒に遊んでても楽しめない、すぐ他のことに気が散る(私が)

・教育的効果のある遊びをさせたくなる

 「うっわ!イヤなかーちゃんやな~」と書いてて我ながら思います。息子、すまん。まずはそれをどうこうするか、解決策をいきなり考えるんじゃなくて理想の姿から言語化していきます

 

・子どもがイライラすると自分も一緒になってイラついてしまう

 ⇒ いちいち気にしない

・子どもの嫌がることを言って脅したり、怒ったりして誘導してしまう

 ⇒ お互いに嫌な気持ちにならない方法で行動を促す

・一緒に遊んでても楽しめない、すぐ他のことに気が散る(私が)

 ⇒ 子どもと遊ぶのめっちゃ楽しい!一緒に夢中になっちゃった!

・教育的効果のある遊びをさせたくなる

 ⇒ わざわざ促さなくても大丈夫、と思える自信と安定感

 

それからこれができたらこれができるよな、って順番に並び替えて

わざわざ促さなくても大丈夫、と思える自信と安定感

       ↑

お互いに嫌な気持ちにならない方法で行動を促す

       ↑

子どもの感情にいちいち振り回されない

       ↑

子どもと一緒に遊ぶのめっちゃ楽しい!夢中になっちゃった!

 それから、その姿に繋がる行動、解決策を考えていきます。下から順番にね。

 

子どもと楽しく遊ぶために

子どもと遊ぶことじたいは好きな方だとは思うんですが。同じセリフを何十回も言わされたり同じ動作を繰り返し求められて何の変化もないことに私が先に飽きちゃって。。。幼児って異常にシツコイですよね?息子はその「執着」レベルがちょっと高いのもあって(^_^;)

ただ、ガラッと遊びを変えることは嫌がってもちょこーっと変化を加えることは許されるようなので。飽きてきたらちょっと変化を加えさせてもらいながら・・・(笑)「リアクションを観察しよう」って思えば私も楽しめるかも。

私の性格的にも、「これは実験だ」とか「観察だ」「あとでレポート(ブログ)にまとめよう」と思うと一気に熱中できそうです。ネタ作りを目的とすると今度はオイシイ結果を求めてしまってストレスになりそうなので、気を付けます。

 

子どもの感情にいちいち振り回されない

私もムカー!!ってなるのは、だいたい「ほかに考え事がある」とか「体調がよくない」時でした。体調って、風邪とかそんな分かりやすい不調じゃなく、お腹すいてるときとか眠いときとか。・・・幼児さんと変わらんな(笑)

なので、マメに栄養をとる。睡眠は削らない。あと、体力づくりを検討せねばだ。これはずっと保留にしてたんだけど・・・運動かぁ・・・うん、運動ねぇ・・・(=∀=;)

考え事、仕事が気になるってことに関しては、これは区切りをつけちゃおう。メールの返信とかLINEのお返事とか、緊急じゃないし、優先順位を変える。仕事とかブログネタとか思いついたときはすぐメモできるようにリビングのメモもあるわけだし。書き捨てておく。

あと、息抜き。これはたぶん十分できてる。(笑) 息抜きの時間に運動も組み込んでいけるのが理想。運動・・・あぁ、腹回りのミートテックが重い・・・・

 

お互いに嫌な気持ちにならないよう行動を促す

こういうテクニック的なものは情報は盛りだくさんある。

まずは状況の分析、把握。いったい息子との関わりで何に困ってるのか、具体例を挙げられない(それなのに困った困ったって気分でいる)から。

それからテクニック的なものをトライ&エラー。こういうのは、一度うまくいかなくてもその次にヒットしたりするもんだから、とにかく実践してみないと。

 

困った状況になった時、「お、これは貴重なデータだ」と思って向き合えるとそれだけでも気持ちに余裕ができそうだ。

息子の行為⇦それを見て困る自分⇦その状況を捉えようとする目

これは次元上昇の訓練にもなる。

 

わざわざ促さなくても大丈夫、と思える自信と安心感

結果が見えないと不安になったりあれこれ「与え」ようとしちゃうんだよなー。ここはマインドセットの問題かな。意識改革。

あと、期待値(~あるべきの基準)を下げる。余裕を持つ。時間の余裕、空間の余裕、思考の余裕。断捨離ですな。

 

 

今日の一歩

てなわけで、今から近所の図書館まで徒歩20分、もくもくと歩きます。できるだけ考え事をしないように、もくもくと。思考の断捨離ですな。運動と。そんでもって図書館に予約していた本を借りて、家でオイシイお茶でも飲みながら読む、と。良質な息抜き。

あとは、お迎えの時間に備えて先に夕食を決めて下ごしらえしておく。そろそろ夕飯作らなきゃ~でもまとわりついてくる~の対策。あと、昼ごはんもちゃんと食べる。食べるのめんどくさいからコーヒーだけ、とかにするから夕飯前にお腹すいてイライラしちゃうのよね(笑)

 

ではでは!行ってまいります!

英語遊びアイディア with 幼児さん

ちびっこから小学生まで人気の探しモノ絵本、「I SPY」でイチくん(3歳)と英語で遊びました。

 

普段は日本語で生活してますが、時々なんとなく英語で遊んだりしてます。最近は少なくなりましたが…

 

I Spy: A Book of Picture Riddles

I Spy: A Book of Picture Riddles

 

I spy...の言い出しで写真の中からそれがどこにあるのか探し当ててもらうゲームです。ウォーリーを探せ、みたいにごちゃごちゃ~!と色んなモノが散りばめられていて、雑貨好きな大人も見ててトキメクページがいっぱい!

 

イチくんも時々ホニャラホニャラと変な言語になりながら(笑) 英語で「I spy... white black bear・・・(ごにょごにょ)ど~こだ!」とか聞いてくれます。

※言い方が間違えていたり日本語が混ざっても「ちがうよ」とか「英語で言ってごらん」とは言わないこと!間違いを指摘せずにフィードバックとして自分の中で修正できるように促すコツは、オウム返しに英語でセリフを言い直してあげること。例えば I spy a black and white bear? Okay, a black and white bear... Where is it?てなふうに。

 

私がWhere's ◯◯? Hmm...?と探すのが嬉しいみたいで、自分は探す方より出題者になりたいみたいです。

 

その中でお人形がお玉の滑り台で遊んでる写真があって、お玉って英語でなんだっけ?って思ったので、イチくんにWhat's this? って聞いてみました。いちくんも英語のお玉は知らないので「おたまだよ」って日本語でお返事。

 

Yes it is. How do you say お玉 in English? Let's see...なんて言いながら、一緒に我が家のpicture dictionaryで調べてみました。

 

Richard Scarry's Best First Book Ever (Richard Scarry's Best Books Ever!)

Richard Scarry's Best First Book Ever (Richard Scarry's Best Books Ever!)

 

 

これも見てて楽しい絵辞典。ちょっとしたお話し仕立てになっていて、生活に身近なモノの名前や動詞、形容詞が紹介されてます。


f:id:kotokotoba:20191202191003j:image

 

Can you find お玉? Where is お玉~なんて言いながらお玉探し。 

※Where is~とかCan you find~は遊びの中でたくさん使えるフレーズ。こういうよく使うフレーズをベースに単語を入れ替えて語いを増やしていきます。

 

There it is!Ladle... I see, おたま is a ladle!!

※リピートアフターミー、はしません!!もし覚えてほしいなら自分から発話する仕掛けが必要です。例えば今回は、私がLadle, ladle, ladle...と言いながらキッチンから本物のお玉を出してきて、ちょっともったいぶりながら What's.... this?と聞いてみました。テストしているような雰囲気には絶対にしないこと。

 

 

Ladle!と応えるイチ君に、Yes, it’s a ladle!といってイエ~イ!みたいなノリでladle遊び(?)をスタート。

※Ladle!だけで答えたのをYesだけで終わらず、it's aをつけてフィードバックしてます。

 

さて、ladleを手に入れた母、首をかしげてWhat do you do with a ladle?これ何に使うん?と少し考えて・・・I scoop some soup with a laddle.とジェスチャー

What do you doのセンテンスもscoopという動詞も、たぶんどこかで耳にはしたことがあるけど理解はまだあやふやなはず。でもsoupという知っている単語と私のジェスチャーを見て意味は取れています。

※新しい表現は、知っている単語や資格情報で意味を把握できる程度に登場させてます

 

お料理のまねっこみたいな姿におままごと大好きなイチくんはニコニコ近寄って来ます。そこですかさず…I scrach you with a laddle!とか変な動詞に変えたりすると大喜び。

※さっきの新しい表現I scoop some soup with a ladle.をまた繰り返したり、tapしたりshakeしたり I 〜 with a laddle をおちゃらけて、入れ替わっている動詞に自分で注意を向けさせています。

 

※時々またWhat do you do with a ladle?とひとりごとのように言って、何が来るの?!とドキドキさせつつ、注意をひきつけるのと同時にWhat do you doのフレーズを覚えてしまえるようにしています。 

 

 

お玉で変なこと(笑)をされると喜んでキャ〜!と逃げるんですが、ふいに背中に隠して Where is the laddle?と緩急をつけてみたり。近付いて来たところをIt's on my head!なんてまたおフザケしたり。

※体の部位の表現など、分かっているネタを盛り込むと記憶の定着にもなります。

 

ほんの10分足らずの時間でしたが、これだけでも英語と楽しい時間のイメージが結びついてくれたら嬉しいな~と思います。イチくんにとって私は「先生」ではなく「お母さん」なので、何かをできるようになってほしい!と思うと色んなところで無理が出てきたりストレスになっちゃうんですよね。お互い。

 

Mama, If You Had a Wish

Mama, If You Had a Wish

  • 作者: Jeanne Modesitt,Robin Spowart
  • 出版社/メーカー: Simon & Schuster Children's Publishing
  • 発売日: 1993/04/01
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログを見る
 

 

英語でもなんでも、こんな大人になってほしいというイメージがあるのなら、まず自分がそれを目指さないと、って思います。彼が生きる未来はこんな社会であってほしい、と思うならその社会をリアルなものにするために自分が(どれだけ小さいことでも)何ができるのかを真剣に考えて、それに向けて行動を起こさないと、と。

 

こういう世界で生きたいな、を自分に結びつける - STAR SHIP☆星読み航海図

 

 

私はついことばが先行してしまって、それに追いつけるように必死に動こうとするんだけど、器の小ささが露呈するのが恐ろしくて、またことばでごまかしてしまう。。。子どもと英語(言語教育)について一生懸命知識を仕入れて実践で身につけようと頑張ってみますが、やっぱり「留学経験も学問として教育機関や専門機関で取り組んだわけでもない」「自分自身の英語スキルの中途半端さ、資格の裏付けのなさ」「家族親戚全員日本人の、純ジャパ生活なのに」とかいろいろコンプレックスは根強いです。

 

コンプレックスを原動力に子どもの教育に向き合うのは絶対に嫌!!なので、ひとつずつ乗り越えよう、と思います。

 

子どもの英語遊びアイディアのシェア記事のはずが、弱音になってしまいました。

 

Anyway,

 

「ことばっておもしろい!!!」とわくわくする気持ちをアウトプットする場としてブログを続けたい、と思います。イチくんと私の成長に期待を込めて。

 

 

追記 

Rosie's Walk

Rosie's Walk

  • 作者:Pat Hutchins
  • 出版社/メーカー: Red Fox Picture Books
  • 発売日: 2009/03/05
  • メディア: ペーパーバック
 

 最近図書館で借りてきてイチ君が喜んだ本。文章はほとんどなくて、絵で物語を楽しむ絵本!

めんどりのロージーがお散歩に行くんだけど・・・ロージー、うしろー!!!って叫びたくなる展開(笑)

 

 

It Could Have Been Worse....

It Could Have Been Worse....

  • 作者:A. H. Benjamin
  • 出版社/メーカー: Little Tiger Press
  • 発売日: 1998/02/27
  • メディア: ハードカバー
 

 似たような「うしろー!!」系の絵本でも、こっちはもうちょっと読む文章があるよ。どうなるの?どうなるの?ってページをめくるのが楽しい絵本。